競馬で借金する人はどんな人?競馬を楽しむにはどう考える?

スポンサーリンク
キンケツ君
キンケツ君
あー天皇賞(秋)はずれたー。もう支払いできない。オワタ。
アーモンドアイおめでとう。

 

競馬をする人の人口は100万人以上と言われています。

その中には借金を抱えてまで賭けてしまい、人生を狂わせてしまう人もいます。

 

競馬は本来は100円から賭けることが出来るリーズナブルな遊びの1つです。

なぜ借金をしてまで熱中してしまうのでしょうか。

 

僕自身、借金が650万円まで増えた原因の1つはギャンブルですが、競馬はそこまでの割合を占めていません。

しかし、競馬に熱くなりすぎなければもう少し楽な人生だったと思います。

 

僕はこれ以上借金が出来ない所まできていてとても反省しています。

でも競馬を辞めたいわけではなく、今後も楽しみたいと思っています。

 

今回の記事では、なぜ競馬で借金が増えてしまうのか、どんな人がハマってしまうのか考えました。

 

僕も含めて借金に悩まず、心から競馬を楽しめる人が増えて欲しいと思います。

 

競馬で借金をする人の特徴とは?

競馬が原因で借金を抱えてしまう人にはどんな特徴があるんでしょうか?

今は趣味の範囲で収まっている人でも次に紹介する内容に当てはまるなら今後注意が必要です。

負けず嫌いな所がある

負けず嫌いな所がある人は競馬に熱中しすぎて借金抱える可能性のある人です。

負けず嫌いな性格とは本来悪い部分ではありません。

スポーツでも勉強でも他人より優れている人の特徴に挙げられます。

 

しかし、これが競馬になると借金を抱える原因になってしまいます。

予想したレースがはずれてムカつく、イライラする、といった人はいませんか?

そんな人は「次のレースで取り返してやる」とムキになって勝つまで賭けようとします。

 

たまにはうまくいって負け分を取り返すこともあるかもしれませんが、毎回続くことではありません。

取り返せずに賭け額が増えたり、使ってはいけないお金に手を付けだしたりするともうリーチです。

 

負けず嫌いで熱くなりやすい人は自分をコントロールできるようになる必要があります。

まぁ人間はそれが難しいから「ギャンブル依存症」という病気があるわけですが。

 

周りに流されやすい人

周りに流されやすい人で、仲のいい友達と競馬をしている人も注意が必要です。

 

お金に余裕がないときに友達から競馬に誘われて断ることができますか?

競馬で借金を作らない賢明な人は誘いを断ったり、お金がないから見てるだけ、といった行動を取ることができます。

 

流されやすい人は、お金がないのに友達と同じように賭けて無駄に負けるリスクを負うことになります。

 

社会人になってある程度の年齢を重ねると、収入も差が出ますし、結婚しているがどうかで、使えるお金の額も変わります。

 

自分は自分で他人は他人です。

負けて失っても問題のない金額で楽しみましょう。

 

僕は貯金が趣味の同僚を競馬に連れていったことがあるんですが、いくら背中を押しても1レース500円までしか賭けませんでした。

理由はどうせ負けるしもったいないから。

連れて行くには面白くないですが、人生で考えるとホントに賢い男だな、と後になって感心しました。

流されないとはこうゆうことです。

 

競馬で勝ったお金で欲しいものを買う習慣がある

欲しいものを競馬で勝ったお金で買う習慣がある人は借金予備軍です。

普通の人は買いたいものがあればお金を貯めて買うものですが、競馬でお金が増えることを知ってしまうとそれができなくなってしまいます。

 

「勝ったときに買えばいい」という悪い考えが定着してしまうと、今あるお金で買えるものでも「競馬で勝負してから考えよう」という思考になり、結局、お金を失うだけで欲しいものは手に入りません。

本当に必要なときにお金が足りず、クレジットカードを使ったり借金をするようになってしまうわけです。

 

勝ったお金をまた競馬で失うよりは物を買った方がマシだ、という考えも間違ってはないと思います。

 

ですが、借金をしない体質を作るには、欲しいものは給料で購入するか、足りないなら貯金をして購入する習慣を身に着けておくべきです。

 

競馬で当てることがストレス発散になっている

自分が考えた予想通りのレース結果になり、お金が増えることはとても気持ちが良いことです。

僕も10万円以上の配当を当てたときは声を出してガッツポーズしたものです。

 

めちゃくちゃ爽快ですし、ストレスが吹っ飛ぶような快感を得ることができます。

しかし、日頃のストレス発散方法を競馬に依存してしまうと、この快感をを得るために借金を抱えることになってしまいます。

 

そんな人はお金のかからないストレス発散方法を探す必要があります。

スポーツジム、カラオケ、ドライブ、音楽など月1万円以下でストレス発散できる方法は存在します。

 

競馬に依存せず、自分にあったストレス発散方法を探すことが大切です。

 

競馬で多額の借金をしてしまう理由

なぜ競馬が多額の借金を背負う原因になるんでしょうか。

僕は2つの原因があると思います。

家にいても簡単に馬券を買うことができる

毎週終末に開催される中央競馬も平日も開催される地方競馬も今では簡単にインターネット投票が出来るようになっています。

ジャパンネット銀行や楽天銀行などの対象になっている銀行口座を登録するだけなので誰でもできます。

 

これによってわざわざ競馬場まで行かなくても簡単にお金を賭けれることが、借金を作る原因になります。

レース情報もスマホで簡単に見れるので、仕事中だろうと食事中だろうと簡単にお金を失うことができます。

 

大金を失って後悔し、登録を解除したとしても、競馬に依存してしまっている人は再登録を繰り返してしまうので解決には至りません。

賭ける金額に制限がない

例えばパチンコなら、一日中遊んでも10万円負けることの方が難しいです。

競馬なら賭け額の上限が決まっていないので、お金を持っている限り10万円でも100万円でも負けることができてしまいます。

 

すでに借金癖がついてしまっていると、お金を借りては賭けるを繰り返してしまい、アッとゆう間に借金地獄です。

 

最近ではYouTuberが100万円以上の大金を賭ける動画をアップしていることもあり、一攫千金を狙ってしまう人が増えていることも予測できます。

 

競馬が原因で借金を抱えた体験談

僕は競馬でインターネット投票をするようになって4年くらい経ちました。

負け学は約80万円ほどで、借金全体の20%以下を占めています。

年間20万円の負けなら趣味の範囲内かな、と思います。

 

しかし、僕の場合は高配当を当てたら、金遣いが荒くなる傾向がありました。

パチンコに行ったり、服を買ったり、ちょっとした連休に地元に帰って遊んだり。

毎日の食費や雑費などでも、節約する意識がなくなるので浪費していたと思います。

 

競馬の負け額は多くなくても結果として収入以上のお金を使うことになり、借金を増やすことになりました。

 

僕は借金が増えすぎて任意整理をすることになりました。

さすがに反省しているので最近では毎週競馬をするのは辞めて、G1レースだけで遊ぶようにしています。

 

競馬で借金をせずに楽しむには

やっぱり競馬はおもしろい。

爽快感や現地で見る迫力、感動だってすることがあります。

しかし、借金を抱えてまでする競馬は面白くないです。

冷や汗をかきながら絶望と隣り合わせになるわけですから。

そんなことにならない様に競馬を楽しむ方法を考えましょう。

 

賭ける金額を決めておく

紹介したように競馬では上限なしでお金を賭けることができてしまいます。

借金をつくならい為には自分が使える金額の範囲内で遊ばなくてはいけません。

当たり前のことですが、借金をする人はこれができません。

 

使う金額は「その日」ではなく、「その月」で考えてください。

月の収入の内、どれだけ趣味に使っても大丈夫か考えましょう。

 

毎回、予定よりもお金を使ってしまう人は、一度競馬やギャンブルから離れた方がいいと思います。

いずれ多額の借金を抱えて苦しい思いをすることになる可能性が高いです。

 

賭けるレースをしぼる

中央競馬なら1つのレース場で1日12レースが開催されます。

最大3つの会場で同時開催されるので、すべて賭けると36レースになります。

 

レース情報を見るとたくさんのレースに賭けたくなる気持ちは分かります。

ドキドキできる回数も多い方が楽しいですもんね。

 

しかし、負けない為にはある程度賭けるレースはしぼる必要があります。

単純に1レースに賭ける金額は多い方が当たる可能性が高くなるためです。

 

例えば午後のレースからメインレースまでを賭けるとか、各会場のメインレースだけを買うとか。

 

朝から最終レースまで賭けているようでは明らかに競馬に依存し過ぎています。

 

レースを予想することを楽しもう

馬券を的中させることが楽しいのは当然ですが、レースを予想すること自体を楽しむのはいかがでしょうか。

競馬を予想する為の情報はたくさんあります。

  • 馬の血統
  • 適正距離
  • 開催場
  • 体重
  • 最近の成績
  • 展開
  • 相手
  • 騎手
  • 馬場の状態

情報が多いからこそ予想がおもしろい。

なるべく多くの情報を参考に予想していくと1レースの予想にかかる時間も長くなります。

予想したレースの中でも自信のあるレースだけを買えば賭ける金額も減らすことができます。

 

お金を増やすことばかりに必死になっていると、印象や名前だけで馬を選んだりすることもあるかと思います。

 

そんな調子で賭けていては多くのレースに賭けることになってお金を失う可能性も高くなってしまいます。

 

1つのレースに対して、じっくり時間をかけて予想すれば、もっと競馬を楽しむことができると思いますし、競馬することを楽しんで、お金を賭けること自体を楽しんでしまうことも減るのではないでしょうか。

 

まとめ:競馬で借金を作る人の特徴と理由が分かれば、楽しむことができる

今回は競馬で借金を作る人の特徴、競馬で借金が増えてしまう原因について紹介しました。

今の自分がどうなのか、しっかり考えてみてください。

マズイ賭け方をしているなら、今回紹介した楽しむ方法を試してみて欲しいです。

 

このままでは借金を抱えるまで賭けてしまうと思う人は1度競馬から離れてみるものアリです。

自分が競馬に使えるお金を把握して、その中で楽しめるようになりましょう。

 

よい競馬ライフになることを心より祈っています。

 

(新宿)鈴木司法書士事務所へ借金の相談

スポンサーリンク

コメントを残す