大学生がする借金がヤバイ2つの理由。最速で返済するための方法は?

借金約650万円を任意整理中のもっ輔(@chant_sei)です。

今回は大学生の借金について考えてみようと思います。

僕自身も大学生の時に初めて10万円の借金をしたんですが、借金地獄はこの時から始まっていたのでは?と考えることが今でもあります。

もし、今の大学生が借金をしていたり、これから借金することを考えているなら、この記事を読んで今後のことをよく考えてもらいたいと思います。

 

大学生が借金をするとヤバイ2つの理由

借金ができることを知ってしまうとヤバイ

大学生が最初に借りれるお金は5万円から10万円だと思います。

それに対して月々の返済額は2000円から5000円くらいです。

アルバイトをしていれば返済を続けて完済することは難しくありません。

 

問題は借金を経験してしまうということです。

借金へのハードルが下がってしまうことで、社会人になってお金に困ったときに「借金をする」という選択肢が生まれてしまいます。

社会人になって収入が増えると、借入限度額も大きくなります。

お金がなければ借りればいい、という考えは習慣化してしまい、続けてしまえばあっというまに数百万の借金に膨れ上がります。

 

もし、借金をするか迷っている場合は、できるなら、お金を使う理由をキャンセルする。

無理ならば、親か親戚に借りるなど別の選択肢を考えるようにしましょう。

 

大学生は借金が払えなくなった時がヤバイ

大学生の時点で借金をしてしまい、その返済が遅れて滞納を続けると、今後の生活に悪影響を及ぼす可能性があります。

金融機関やクレジットカード会社が見る事ができる信用情報機関に記録が残り、最悪の場合「ブラックリスト」に載ってしまいます。

ブラックリスト入りしてしまうと、社会人になれたとしても、

  • 通勤に車が必要なのにローンが組めない
  • クレジットカードが作れない
  • スマホの機種変更時に分割払いができない
  • 一人暮らしをするときに入居審査に落ちる場合がある

といった不便な生活を強いられるようになってしまいます。

社会人になって車など大きな買い物ができない、クレジットカードが作れないは情けないです。

 

ブラックリスト入りしない為にも借金はしない。してしまったらすぐに返す。

返せないなら親か親族に相談して一時的に借りて、滞納をしないようにしてください。

そして、2度と借金はしないと誓いましょう。これがホントに大事。

 

借金の原因に依存性があるとヤバイ!

借金の原因は人それぞれだと思いますが、依存性のあるものが原因で借金をした場合は注意が必要です。

  • ギャンブル
  • 酒、夜遊び
  • 買い物
  • 旅行

借金の原因が依存症だと、借金を返済しても、また繰り返してしまう可能性が高いです。

依存症は自分をコントロールできない病気です。

借金の原因になったことを我慢できずに繰り返すようであれば、親族に相談して強制的に絶つ対策を立てるか、カウンセリングを受けるなど考えるべきだと思います。

 

僕自身がパチンコ依存症で悩んでいます。気づいたときには手遅れで借金まみれ。

 

自分の状態についてよく考えてみましょう。

 

借金を最速で完済するための手段

借金をしてしまったらできるだけ早く返済を終わらせることが大切です。

借金には利息があり、無駄にお金を払うことなりますし、ダラダラ返済する人は、返済と借入を繰り返すと思います。

借金を最速で返済する手段を考えましょう。

アルバイトを増やす

借金は働いて返す。これに尽きます。

学業に支障のでない範囲で、シコタマ働きましょう。

若いうちは、働く体力も十分。金額的にも数ヶ月で完済できる人が多いのではないでしょうか。

 

ただ、年間の収入が103万円を超える際は注意が必要です。

103万円以上の収入 所得税、住民税の支払いが発生。親が扶養控除を受けられなくなり、親の税金が高くなる。(勤労学生控除を利用すれば影響なし)
130万円以上の収入 社会保険料の支払いが発生。親に納税義務が発生。

稼ぎ過ぎても税金で引かれて損したり、親に収入に影響がでるので注意が必要しましょう。

 

キツイ経験をすれば借金を後悔し、繰り返す可能性も低くなると思います。

間違ってもギャンブルなど、楽にお金を増やすことを考えないことです。

 

ギャンブルは基本勝てません。お金が欲しい人ほど負けます。

借金650万円を作った僕が言うので間違いありません。

 

とことん出費を抑える

数ヶ月の我慢で済むのなら出費は限界まで抑えましょう。

抑えやすいのは「食費」「交際費」です。

食費は贅沢をせずに自炊をする。

遊びの誘いは断りましょう。

 

借金をしても出費を我慢できない人は、将来、多額の借金を背負う人になりかねません。

借金のある人生はつまらないですよ。ほんとに。

僕の大学生の時の借金経験とその後の悪影響

記事の冒頭でも触れましたが、僕は大学生のときに初めて借金をしました。

バイト代を振り込んでもらうために作った銀行カードに付いていたキャッシング枠で10万円を使いました。

理由はパチンコです。

パチンコにムキになって、就職活動のためのお金がなくなったことで利用しました。

返済額は月2000円だったので、バイトで十分に返せる額でした。

 

就職するまでにその10万円は完済しましたが、恐ろしいのは、社会人になってその枠を再度利用したことです。

初めての時はさすがにドキドキしたと思いますが、社会人になると「ボーナスもあるし返せるだろ」と抵抗も少なく借金をしました。

その後、車を買ったときについてきた、オリコカードに100万円のキャッシング枠がついていて、地元への帰省や結婚式の祝儀で借金をしました。

このあたりから、借金の感覚がおかしくなり、無駄遣いを重ねて最終的には9年間で650万円の借金をしました。

 

大学生の内は大きな借金はできないかもしれませんが、小さな借金が将来的に大きな借金の原因になる可能性があります。

 

借金が大きくなると人生に制限がかかってきます。

  • 友達と旅行に行けない
  • 結婚をすることができない
  • 車や家など、大きな買い物ができない

探せばまだまだありますが、社会人として働いているのに、「他の人ができることができない」ことはとても辛いです。

 

もし、借金を検討しているならするべきではないし、借金をしてしまったなら、最速で返済して、二度としないように反省するべきです。

 

借金がどうしても返せない場合の対策については次で紹介します。

どうしても借金が返せない場合

借金の返済がバイトでは間に合わず、親や親戚にも頼れない場合は、弁護士は司法書士へ債務整理を依頼するしかありません。

債務整理には3つの種類があります。簡単に紹介します。

任意整理 借金の金利をカットして、3年から5年で分割払いをする。

任意整理する対象を選択することができる。

ブラックリスト入り5年間。

個人再生 裁判所の手続きによって借金が最大10分の1になり、3年から5年で分割払いをする。

財産は残すことができる。

ブラックリスト入り10年。

自己破産 裁判所の許可が出れば借金がゼロになる。

財産は没収される。

ブラックリスト入り10年。

大学生の場合は、金額的にも任意整理を選択する可能性が高いと思います。

金利はカットされるので、借りたお金を36回から60回の分割払いで返済していくことになります。

 

任意整理を依頼するには別で費用がかかりますが、依頼してから返済を開始するまでの期間が3ヵ月から6ヶ月あるので、その間に分割払いしてきます。

デメリットはブラックリスト入りしてしまうことです。

クレジットカードが作れない、ローンが組めないといった部分は痛いですが、一生ではありません。

一般的には借金完済後、5年経つと、ブラックリスト入りが解除されると言われています。

大学生なら、しっかり働いて返済すれば、20代後半で復活します。

これなら人生巻き返すことも十分に可能です。

 

僕は任意整理中ですが、完済が39歳ですよ?若いって羨ましい。

 

任意整理は大きな決断になりますが、確実に完済できる方法です。

気になる方は、このブログ内で僕の経験談も記事にしているので、参考にしてみてください。

【体験談あり】任意整理の依頼から和解までの流れを解説。

 

任意整理の依頼先については当ブログでオススメの事務所を紹介していますので、良かったら見てください。

闇金問題を解決!依頼先を決める際の注意点とオススメ9選!【2021年版】

 

まとめ:大学生の借金は将来的に大きな借金を生む。最速で完済しよう。

今回は大学生が借金をするとヤバイ理由について記事にしてみました。

若い内に失敗することは悪いことではないですが、お金のことについては最悪の人生を送る原因にもなります。

借金はするべきではないですし、してしまったら速攻で完済するべきです。

そして、二度と借金をしてはいけません。

 

もし理由があって大きな借金をして、返済が難しいようであれば任意整理も考えましょう。

ブラックリスト入りのデメリットもありますが、決断は早い方が将来のためになると思います。

 

今回は以上です。

コメントを残す