【実体験】任意整理後3ヵ月の生活の変化と今後の心配事。

スポンサーリンク

借金約650万円を任意整理中のもっ輔(@chant_sei)です。

2020年の12月から1社返済開始、2021年1月から残り4社の返済を開始しています。

 

任意整理後はブラックリスト入りしてしまうことで何かと不便なことが出てきます。

生活も今までとは変えていかなければならない部分も出てきました。

今回の記事では任意整理後の生活と、今後の心配事について紹介します。

これから任意整理する人、任意整理の返済が始まる人の参考になれば嬉しいです。

 

 

任意整理後の生活は何が変わった?

任意整理をしてことで、だらしない僕にも生活に変化がありました。

やはりお金の制限があるのがキビシイ。

クレジットカードが使えなくなって現金中心の生活

任意整理をする一番のデメリットがクレジットカードが使えなくなるという点だと思います。

クレジット決済にしている支払いは全部現金支払いか銀行引き落としに変更する必要がありました。

 

今までは急な出費が必要になった時にはクレジットカードに助けてもらっていましたが、今はできません。

手持ちの現金の中で必ず次の給料日まで生きていく必要があります。

本来それが普通なんですけどね。

 

僕は一人暮らしで、給料は手取り約25万円です。

任意整理の返済分が約10万円で、生活費も10万円前後。

今は貯金もないので、食費、雑費を月5万円で以内に収める生活を目指していますが、うまくいってません。

足りない分はメルペイやキャリア決済で補いながらなんとか生きています。

しばらくは後払いサービスを活用しながらボーナスまで粘る生活になりそうです。

 

理想はボーナスを残しつつ、給料で毎月生活していくこと。

副業も視野に入れながら前向きに毎日がんばります。

支払いや返済はすぐにする

任意整理後の失敗として一番の恐れているのが、支払い、返済ができなくなることです。

任意整理の返済ができなくなると、最終的には自己破産をすることになります。

自己破産をすると、奨学金の請求が保証人である両親にいってしまうので、それは死んでも避けたい。

 

任意整理をしてからは、給料日後の休みの日には任意整理分の返済や家賃等の振り込みをすべて終わらせるようになりました。

給料日が25日で、月末までには引き落とし分も反映されて、月初めに残ったお金がその月の生活費になっています。

 

お金を持っていたらすぐに余計なことに使ってしまい、それが原因で任意整理をしてしまいました。

もう後がありません。

僕と同じタイプの人は、支払い、返済を最優先にするべきですね。

節約を意識した食生活に変化

僕の場合だと、節約に一番の効果的なのは、食費を抑えることだと思いました。

僕はご飯を人よりも食べる方で、何も考えなければ1日ご飯3合くらい食べてしまいます。

お昼を外食にすると700円~1000円くらい払う事になり、食費だけで1日1500円以上使う事もよくありました。

 

そんなわけでお弁当男子デビュー。

弁当を作ってみると300円前後である程度のものが食べられると知りました。

 

外食と比べると1食あたり500円は節約することができます。

残念ながら僕はブラック気味の会社で働いているため、残業が多い日は弁当を作れません。

月10日は弁当を作る事を目標に続けています。

 

中身も適当で夜ご飯の残りやウインナー、卵焼きくらいです。

それだけでもだいぶ節約になっています。

酒とタバコが辞められない

僕は恥ずかしながらお酒もタバコも大好きです。

貧乏人は辞めるべきだと思いますが、辞められずにいます。

それでも任意整理後に変化はありました。

 

お酒は缶ビールを飲まなくなり、大きなウイスキーボトルを買って、チビチビハイボールを飲んでいます。

タバコは「アイコス」から「glo hyper」に乗り換えたことで、1日20本以内には抑えています。

 

glo hyperは今だと本体がネットで480円で購入できます。

アイコスより1本が長持ちするので、本数減らしたい人にはオススメです。

glo 公式サイト

趣味のジム通いは回数を減らしました

20代後半から続けていたジム通いは週2回から週1回に変更しました。

月契約ではなくて、回数によって料金が発生するシステムなので、月3000円くらいは節約になっています。

お金に余裕が出てきたらまた回数を増やしたいと考えています。

 

お金がかかるプロテインやサプリメントも買っていません。

マッチョではなく、体型維持目的でしばらくは続けたいですね。

 

無理に節約ばかりしているとストレスで頭も体もおかしくなってしまいます。

任意整理をしても趣味は出来る範囲で続けるべきだと思います。。

今後はバンドルカードを導入予定

現金とキャリア決済などの後払いサービスでなんとか生きていけていますが、どうしても「クレジットカードがあれば・・・」というタイミングもありました。

今月で言えばガソリン代。

現金を使う予定があったのでガソリン代は後払いにしたかったんですが、キャリア決済もメルペイも使えません。

車を使わないようにして、給料日まで粘る予定です。

 

そんな状況を経験して、バンドルカードを導入しようと考えました。

バンドルカードはクレジットカードと同じ使い方ができるVISAのプリペイドカードアプリです。

アプリですが、実際のカードの発行も可能で、審査もないので任意整理をしていても問題ありません。。

基本はお金をチャージしてから使うタイプですが、「ポチっとチャージ」という後払い機能も付いています。

 

使いすぎには注意が必要ですが、使う事でポチっとチャージの利用額が増えるので少しずつ使っていきたいと思います。

 

バンドルカード 公式サイト

任意整理後の心配事

任意整理後も支払いは多いですが、なんとか生きていけています。

それでもこの先の心配事はたくさんあります。

ローンが組めないので車が買えない

僕は兵庫県の田舎に住んでいるので車が必須です。

今はローンを払い終わった普通者に乗っていますが、この車が故障などで乗れなくなると新しい車が買うためのローンが組めません。

通勤は会社の車を使う事もできますが、30歳を過ぎてマイカーなしはキツイです。

今できることは今の車を大事に乗る事。

任意整理の返済が終わるまで、あと5年は粘る必要があります。

 

新規の携帯電話を分割で買えない

任意整理をしたことで、携帯電話を買い替える際の分割払いができなくなります。

僕は2年使ったiPhone8を使っているんですが、あと5年も持つとは思えません。

中古の機種でも高価ですからねー。

次の機種のための貯金が必要になりそうです。

 

仕事を休めない、辞めれない

今の職場は大学卒業後から働いています。

残業も多いし、責任も増えてきてうんざりすることばかりです。

でも任意整理をしたことで、完全に逃げ場がなくなってしまいました。

今転職して初月から手取り25万円も貰えるとこをを探すのが大変です。

それ以下の手取りだと、生活ができない。

今のところはあと5年は必至で働くしかないと考えています。

 

あとはケガや病気が怖いですね。

有給休暇で回避できるくらいのトラブルなら大丈夫ですが、長期離脱をしてしまうと、返済ができなくなってしまいます。

すでに心も体もダメージが蓄積していますが、気合で頑張るしかありません。

 

まとめ:任意整理後の生活

任意整理をしてからはすっかり現金中心の生活になりました。

自己破産は死んでもしたくないので、給料が入ったらすぐに返済をして、あとは節約生活を心掛けています。

 

節約をしていく中でも、趣味や趣向品などストレス発散になるものには多少お金をかけています。

ありがたいことに、ボーナスは出る会社に勤めているので、任意整理後でも多少の贅沢はできそうです。

 

ローンが組めないことで、今後の心配事もありますが、メリハリを意識して楽しく生きていきたい!

 

今回は以上です。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す